ランニングに必要な体力をにんにくの力を借りて付けました

ランニングを始めたものの体力がつきません

imfdfddfd3

私は2年前からランニングを始め、現在は週に3~4回と定期的にしています。ランニングは当時産後半年くらいで運動不足などで弱った体を健康にしたいと思い、体力づくりのために始めたものでした。

しかしながら私はもともと体力がなくそれまで運動らしい運動もしていなかったので、最初はある程度まとまった距離を走るとすぐに疲れてしまうし、決まって貧血のようにふらふらしてしまう状態でした。

もっとたんぱく質を摂らないと

imagefdfdfdfd

そして食事に関してももっとたんぱく質を摂らないといけないと思っていたものの、食に関する好き嫌いが激しく、肉は好きでないし乳製品はアレルギーがあって摂取ができないのでランニングをしていても貧血になってしまい、体力がつかない状態でした。当然ながらランニングを続けていると、走った日だけでなく翌日以降も疲れているような状態でした。

身内からにんにくの摂取をすすめられ

1fdddfd5

ランニングをしていてもなかなか体力がつかないということを悩んでいる私を見て、身内からはにんにくを食べると体力がつくので積極的に食べてみては、というアドバイスをもらいました。

そこでスーパーでにんにくを購入して炒めたり、揚げたりして定期的に食べるようにしていました。このようにしてにんにくを食べるようになってからは、確かに走っていても疲れにくくなって、貧血気味でふらふらすることもなかったので体力はついたと思います。しかしながらにんにくは食べると独特のにおいがついてしまい、また加熱して食べても胃もたれがするように感じて食べにくいと思っていました。

にんにくでもにおいのしないものがありました

1a6000

にんにくは体力づくりに効果があるものの、特に何か予定のある前日は食べづらいと思って、もう食べるのはやめてしまおうと思っていました。しかし、インターネットで調べてみるとにんにくでもにおいのしない種類があるという情報を見て、興味があったので食べてみようと思いました。それは黒にんにくというもので、食べてもにおいがしないし胃に負担をかけにくくなっているので食べやすいということでした。

1afafafg0

ただ黒にんにくはお店では売っているのをあまり見かけたことがないので、手軽に摂取できるよう現在はサプリメントで摂取するようにしています。

黒にんにくはサプリメントでも効果は変わりがないようで、今はにおいもなくにんにくを摂取することができています。体力も徐々についてきたようで、これからも黒にんにくのサプリメントを摂りながらランニングを継続していきたいと思います。

身体の健康と黒にんにく

健康を意識する

当方、30代後半。
10代の頃は、それこそ大怪我した時か病気になった時、つまり健康を損なった時しか、健康について考える事などなありませんでした。好きな物を多く食べ、前日に徹夜したって、あくる日寝て起きれば体力は完全回復していたように思えます。
20代になってもそれはあまり変わりません。食べる物にもさほどの変化は無し。せいぜい体力、回復力の低下が加わったぐらいでしょうか。
が、この歳になると「生活習慣病」「肥満」「食生活」「栄養」など、健康に関するキーワードが脳内にチラついてきます。
可能な限り規則正しい生活。まあこれは個人個人で難しいケースもあるでしょう。
暴飲暴食もってのほか。実際、炭酸飲料を始めとした糖分を含む飲料&食後のデザートの摂取をきっぱり断った効果は抜群でした。運動量を増やした訳ではないのに、半年程で体重は20kg減少。意識できる範囲では体調に問題はありません。

次に目指すは回復力向上。にんにくの効用

勿論、体重は(正確に言えば身長、体格、体重のバランスは)健康のバロメーターの一つであっても、総てではありません。自分の場合で言えば、せいぜい「不健康と誰もが思う体重では無くなった」程度でしょう。
糖分の摂取を控えるようになった事で、持続力の低下、あるいは瞬間的な出力の低下が気にはなりました。
何気なく見ていたTVでやっていた、健康食品のCM。そこで紹介されていたのはにんにくの効用でした。
「がんや動脈硬化の予防」
「冷え性、高血圧の改善」
とまあ、この辺りまではさほど気にしていなかった事柄なので、耳に入っても聞こえていないも同然だったのですが。

「滋養強壮、疲労回復効果」

カクテルパーティ効果とは違うのでしょうが、やはり人間、自分に関する事や気にしている事には意識が集中するもので、急にTVの音量が大きくなった気すらしました。
滋養強壮という単語だけでは眉唾ものですが、何故にんにくがそれらの効用を持っているのかを事細かに解説されると真実味も増してきます。
にんにくにはアリインというアミノ酸の一種が含まれており、これが調理、加熱される過程でアリイン⇒アリシン⇒スコルジニンに変化、そのスコルジニンが毛細血管を拡張して血行を良くしたり、新陳代謝を活発にするとの事。正直、そのCMで自分が気になったのはその部分だけだったのですが、にんにくが様々な効用を持つ食品である事は理解できました。子供の頃からにんにく自体好きでしたし、好きな物を食べて身体が健康になるなら万々歳でしょう。

にんにくを食す

それからは、機会を見付けては意識的ににんにくを食べる事にしました。
それから1ヶ月。なるほど、実感できる程度には高い効果があります。
例えば、家の近くの大きな坂。自転車の変速ギアを「早」に合わせると、当然重くなる=こぐのにより体力を使う事になる訳ですが、以前はこの状態で一気に坂を登る事はできなかった。途中で降りなければならなかったのですが、今は降りずに登れる。
仕事をしていても感じます。同じ作業を行っていても、疲労感が少ないのです。始業して2時間が過ぎ、小休憩の時間になった時に、身体のだるさが感じられないのです。
散歩が趣味の母も、同時期に意識してにんにくを食べ始めたのですが、「倍の距離を歩いても同じくらいしか疲れん」と、以前以上に散歩を楽しめているようです。
にんにく恐るべし。

やわたの熟成にんにく卵黄を飲み始めた理由

やわたの熟成にんにく卵黄を飲み始めた理由

まず、私がやわたの熟成にんにく卵黄を飲み始めた理由ですが、私は現在3人目の子供を妊娠しており、過去の妊娠時に様々な健康上の問題を経験したため、今回の妊娠を何事もなく乗り越えられるようにと実母がこの商品を勧めてきたのがきっかけです。

調べてみると同じようなサプリをいろんな企業が販売しているようですが、母が具体的にどうしてやわたのサプリを選んだのかというと、まずはCMに出られている俳優さんが単純に好きなことと、胃に優しい作りだったからだそうです。

私はもともと精神的な疲労やストレスに非常に弱く、中高生の頃からよく胃炎や胃潰瘍になっていたので、胃に優しいことをアピールしていたこちらは最適なんじゃないかと思ったそうです。

確かに昔からにんにくや卵は滋養強壮に良いと言われているようですが、本当に効果があるのか、というかどんな効果がそもそもあるのか、そして妊娠中の私が飲んでも何も副作用みたいなものはないのか、勧められた手前すんなりありがとうと言いたいところですが、過去の妊娠で1人目は急激な体重増加に陥り妊娠高血圧症候群になったし、2人目は切迫早産になり入院するハメにもなったりもしたので実際に効果がないものには手を出したくなかったのです。

サプリって続けること前提の商品

しかも、サプリって続けること前提の商品が多いから、いつまで飲んだら効果が出るのかもなぞなので、始めたらずっと飲まないといけないイメージがあったので、抵抗感ばかりが先に来ていました。すると母が、最初の2ヶ月は母持ちで商品を購入してくれるというので、ならばと了解して飲み始めてみました。

にんにくが体に良い理由は、ニオイや辛みの元である「アリシン」という成分が、血液をサラサラにしてくれるからだそうです。
卵が体に良い理由は、タンパク質はもちろんですが他にも体で合成できない必須アミノ酸が豊富に含まれているからだそうです。
これらの相乗効果により、代謝アップや免疫力の強化が図れるようですが、効果がいつ私の体に現れるのか、ちゃんと実感できる効果が果たしてあるのか、検証してみましょう。

半信半疑で飲み始めて効果らしきものを実感したのは飲み始めて1ヶ月が経とうという頃でした。まだ見た目には妊婦に見えない妊娠5ヶ月の時、過去の経験上安定期に入り体重増加が始まる頃なのですが、特に体重の気になる増加が見られませんでした。早速代謝アップの実感が少し得られました。

そして、飲み始めて2ヶ月、1人目の時には引っかかった浮腫みなどの妊娠高血圧症の症状も一切出ていません。血液がサラサラになった効果なんじゃないかと思えました。確実に商品への信頼感が私の中でアップしてきている頃です。

今までは母持ちだったので実家に届いていて、母が我が家に来るときに持ってきてもらっていたのですが、私自身が続けたいと思えたので、やわたに新規で改めて私の登録をし、我が家への直送となりました。サプリで定期購入に至ったのはこの商品が初めてです。

飲み始めて4ヶ月、妊娠後期

飲み始めて4ヶ月、妊娠後期に入りお腹は目立つようになりましたが、相変わらず体重増加は推奨されている範囲から逸脱することなく、特に産科医からも怒られることなく無事に体重はクリア

そして、前回妊娠時に切迫になった時期なのですが、体調も良好で張り等の困るようなことも一切なしです。子供の人数が増えている分、過去1番無理をしているはずなんですが、切迫どころか私以外の家族全員が風邪を引いても、本来免疫力が低いはずの妊婦である私だけが風邪を引かなっかったのです。妊娠で低下した免疫力がにんにく卵黄で補われているとしか思えないのです。

血液がサラサラになって

現在では妊娠9ヶ月になりました。今回は体重が特に急増することなく、今までの妊娠の中で一番軽いです。臨月での最後の体重増加を考えても多分妊娠前プラス10キロ行くか行かないかくらいでおさまりそうです。総括すると、私の場合は効果が大いにありました。ポイントとしては効果が出るまでの期間が1ヶ月とスピーディーだったことです。これは続けていく判断をするのには重要なポイントです。

さらに効果の実感が複数あったことです。大きくは4つで、妊娠期なのに体重があまり増えていないことから、代謝がアップしたと思われる点。浮腫みなどの妊娠高血圧症の症状が出ていないことから血液がサラサラになっているのであろうという点。家族中がコンコン、ごほごほ咳している中、本来免疫力が低いはずの私には移らなかったことから免疫力がアップしているであろう点。最後に、切迫になってもおかしくない生活を送っているのに、今回の妊婦生活が今までで一番元気で、体力自体がアップしている気がする点。

以上の4つが私が実感した効果です。まさかサプリでこんなに変わるなんて思ってもみなかったので、正直驚いていますし、バカにしていたことを申し訳なく思います。良い商品だと思ったので、周りのママ友にも勧め出しました。ちなみに、このサプリ以外には何も健康対策をしていないので間違いなく私にはこの商品が合っているのだと思います。最後まで読んでくださってありがとうございます。